相続

相続

【相続登記が義務化】どんな必要があるの?|2024年4月スタートの制度について解説

2024年4月より、相続登記の義務化がスタートしました。 「相続登記」とは、亡くなった人が不動産を所有していたときに、法務局の「不動産登記簿」(不動産の所有者を記録しているもの)の名義変更をする手続きをいいます。 では、義務化されるとどんな...
相続

【広域交付制度スタート】戸籍を集めるのが便利になりました

2024年3月より、「戸籍の広域交付制度」がスタートしました。 引越しや結婚などで戸籍をいろいろな市区町村に移した方。 そんな方の相続の時は、戸籍があったすべての市区町村に、当時の戸籍をそれぞれ申請する必要がありました。 2024年3月から...
相続

「認知症サポーター」になりませんか?

少し前になりますが、今年1月、久喜市が主催する「認知症サポーター養成講座」を受講してきました。 「認知症サポーター」とは、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を全...
相続

自宅を相続する前に絶対確認すべき!【小規模宅地の特例】について

相続の中で、やり方次第で税金の金額が何倍も変わってしまうもの。それが「宅地」です。 宅地を相続するときは、「誰がどのように相続するか」がとても重要になります。 なぜなら、宅地には「小規模宅地の特例」という、相続税を大幅に減額できる特別ルール...
相続

自宅を相続する前に絶対確認すべき!配偶者への【おしどり贈与】について

相続の中で、やり方次第で税金の金額が何倍も変わってしまうもの。それが「自宅」です。 自宅を相続するときは、「誰がどのように相続するか」がとても重要になります。 中でも、「配偶者に自宅を譲りたい」と思う方はとても多いです。 「残される配偶者が...
相続

じいじ・ばあばから孫への「適切な」養育費支援は非課税!「教育資金贈与」との使い分けは?

子育てにはとても費用がかかります。 そんな大変な時期に、じいじ・ばあばからの支援があると本当に助かります。 たとえば、孫の入学祝に、じいじ・ばあばがランドセルや学習机を買ってあげる。 こんなことってとてもよくあります。 かわいい孫のためにい...
相続

【相続対策の基本】法定相続人と法定相続分について

相続対策を考えるために必ず理解しておかなければならないこと、それが「法定相続人」です。 遺産の分け方には、次の2つの方法があります。 遺言書のとおりに遺産を分ける 遺言書がない場合は、法定相続人全員の話し合い(遺産分割協議)で遺産の分け方を...
相続

【相続対策】「相続時精算課税」って何がいいの?|特徴、メリット、注意点と令和6年改訂について

「相続時精算課税」とは、親から子、祖父母から孫に財産を生前贈与するときに選択できる贈与税の制度です。 この制度を選択すると、税金の支払いを先延ばしにできるだけでなく、節税効果も期待できます。 また、令和6年からは制度の内容が一部改訂され、さ...
相続

【雑記】映画「親のお金は誰のもの 法定相続人」の感想

相続がテーマの映画「親のお金は誰のもの 法定相続人」を鑑賞しました。 この映画、タイトルの通り「親のお金」に対する「世間一般的な常識」と「法律」が異なることがとてもわかりやすく描かれています。 家や土地などの資産や預金は家族、子供に残すもの...
相続

【相続対策】暦年課税「年間110万円以内ならOK」の落とし穴 | 生前贈与の注意点とは?

「贈与は年間110万円以内なら税金がかからない。」 とても有名な話なので、ご存知の方も多いと思います。 この「110万円」のルール、正式には「暦年課税」といいます。 でも、もしあなたが誰かに 「110万円の贈与のしかたはなんでもOKなの?」...
タイトルとURLをコピーしました